組合員からの声

組合を設立した方などの声を掲載しています。
以下のような声が続々と愛知県本部には寄せられています。職場で悩んでいる方は、まずは私たちに相談してみてください。きっと良い方法が見つかりますよ。

職場での悩みごとは → 無料労働相談

 

組合結成の決意

愛知自治体一般労働組合 春日井市学校給食会分会

voice200704

愛知自治体一般労働組合
春日井市学校給食会分会

2007年2月17日、春日井市学校給食会分会が結成されました。

組合結成のきっかけは、一枚の給食会局長通知でした。昨年11月30日、「勤務時間の変更及びボイラー稼働時の勤務にかかわる説明会の開催(通知)」が、配布され、12月26日に全職員が集められました。現行の8時半出勤が8時に変更されるというもので、職員の多くは「家庭生活や子どもの学校登校時間など支障が生じる」「何とか現行時間を守りたい」と要求をだしあい、春日井市職労役員に勤務時間問題を相談する中で、同じ職場に働いていても、春日井市職員と労働条件に違いがあることが分かってきました。

礒脇秀宏委員長は、「私たちは市内53の小中学校27500人の児童・生徒に、安全でおいしい給食を提供したい。安心して働き続けられる職場環境を作りたいと思っています。将来に希望の持てる賃金・労働条件を確立するために、組合を結成して奮闘したい」と決意を語ってくれました。

 

住民の声をうけとめて

瀬戸市職員労働組合 後藤 利弘さん

自治体リストラが強まる中で、瀬戸市でも保育園の民営化反対の運動を父母のみなさんと協力しています。また、JRバスの路線存続と交通システムを整備する運動にもとりくんできました。住民の声を受けとめる行政を大切にしていきたいですね。

 

心かようケアを

なごや介護福祉労組 吉岡 鎮枝さん

私たちホームヘルパーは、職場に直行、自宅に直帰で一人孤独に働かされ、仲間との連絡もままなりません。また、施設職員も正規が削られ、臨時やパートにばっかりなり、てんてこ舞いです。働く人たちが安心して働けるためにも労働組合をつくりました。

 

職場での悩みごとは → 無料労働相談

▲ このページの先頭にもどる

© 2003 - 2017 自治労連愛知県本部