トピックス

「数は力!組合って必要!」 仲間を増やす大切さ学んだ 2016あいち青年集会「ちた♡ちた」

カテゴリー:

2016.1.30-31 2016あいち青年集会「ちた♡ちた」

 

 「身近なつながりを活かした組織拡大」をテーマに2016あいち青年集会「ちた♡ちた」が1月30日~31日、南知多町で開催されました。集会には過去最多となる15単組から、84人の青年が参加。要求を実現する道筋や仲間を増やすために青年に何ができるのかなど、学習・交流しました。
 初日、長坂県本部副委員長を講師に学習。1班6~7人の12班に分かれ、「人員が足りない」「休めない」など、職場の悩みを語り合う参加者。県内の賃金労働条件比較表を見ながら、「賃金や手当」「休暇の取得期間」など、自分の市町村の不満、他市の良い所を出し合いました。
 その上で、「初任給を上げたい」など班として要求をまとめ、それを実現するために「組合員みんなで調査し、具体的な要求額を提出しよう」と、組合としてできることを考えました。
 2日目は、仲間を増やすために青年が、組合が何ができるかを考えました。
 発表では、青年にできることとして「不満も組合があるから要求として言える。身近な青年に“入ってね”と声をかける」「加入してもらうだけではダメ。組合を知ってもらうために学習会を開く」と積極的な意見。そして、その実現のために、組合へ「青年が組合の大切さを語れるよう、役員に教えて欲しい」「青年が企画するので、場所のセッティングを」と、要望が出されました。
 参加者からは「数は力!組合って必要!って伝えたい」「仲間ができて良かった。未加入の人に加入を勧めたい」と感想が寄せられました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2003 - 2018 自治労連愛知県本部