トピックス

県本部保育所部会「若者企画」

カテゴリー:

2016.5.14保育所部会「若者企画」 県本部保育所部会は5月14日に「若者企画」を開催。この4月から入職した1年目の保育士をはじめ、11単組から61人が参加しました。
 あそび歌作家の浦中こういちさんを講師に「保育で使える歌あそび」を学習、浦中さんは「歌に合わせてグループをつくることで“こっちだよ”“一緒にやろう”と子ども同士の優しい会話が生まれます」とオリジナルのあそび歌を実演。絵本の読み聞かせでは、「隅の小さな花の絵で季節を感じ取るなど、子どもたちはしっかり見ています。絵本を見ながら、想像をふくらませるんです」と子どもの成長を大切にした保育実践を話しました。
 年齢別交流会では、「話を聞いて欲しい時に、子どもの注意を引きつけるのが大変。声も枯れちゃいます」という新人保育士の悩みに対して、先輩保育士が「指を上にかざして“これ何本?”と、体を使って注意を引くと良いよ」と丁寧にアドバイスする場面が見られました。
 参加者からは、「明日からの保育に活かせるものばかりで勉強になった」「踊りやパネルシアターなど、保育の引き出しが増えました」など多くの感想が寄せられました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2003 - 2018 自治労連愛知県本部