トピックス

自治体にはたらく青年のつどいin広島

カテゴリー:

 自治体にはたらくことの意義や役割について考える「第31回自治体にはたらく青年のつどい」が、6月4日~5日にかけて広島市内で開催されました。
 戦後70年を越え、あらためて戦争の悲惨さと平和の大切さを学ぼうと全国から約190人、愛知から16人が参加しました。
 被爆体験者から「B29が毎日、広島の空を飛んでいた。そしてある日突然原爆が落ちてきて、焼け野原となり、死体が転がっていた」「被爆者手帳を申請することで、家族が周りからどう見られるか恐ろしくてなかなかできなかった」など戦争の悲惨さと苦しみを聞きました。

http://www.jaichi.jp/wp-content/uploads/2016/09/S__28286989.jpg

 

▲ このページの先頭にもどる

© 2003 - 2018 自治労連愛知県本部