トピックス

熊本災害支援ボランティア

カテゴリー:

愛知県本部は、6月17日から20日の日程で熊本地震の救援活動へボランティア派遣。名古屋市職労・豊橋市職労・県本部、計6人が参加しました。

 レンタカーで17日10時に県本部を出発。八幡浜港を17時40分に出航するフェリーにギリギリで乗船。大分・臼杵港を経て、1日目の宿に到着したのは夜10時過ぎでした。2日目は午前6時に出発し、約3時間の山越えで、熊本・水前寺公園近くのボランティアセンターへ到着。復興支援活動は、中央区の白川沿いの畳屋さん。1階は作業場、2階が住居の被災者宅は、家具類が散乱し足の踏み場もない状況でした。タンスや洗濯機、冷蔵庫などの家財を解体・撤去し、2トンダンプ山盛りの片付け作業に終日、汗を流しました。

 ボランティアは熊本市内でしたが、作業の帰りに隣の益城町に入りました。町は最も住宅の被害がひどく、道路は通れるようになってはいるものの、被災住宅は4月中旬の震災時と変わらず、手つかずの状態でした。

DSC_2061

▲ このページの先頭にもどる

© 2003 - 2018 自治労連愛知県本部